お電話でのお問い合わせはこちら
025-224-5966

会長挨拶

栄養士会会長

 日頃より、公益社団法人新潟県栄養士会の活動にご理解をいただきまして誠にありがとうございます。
 2020年6月に開催された定時総会におきまして役員改選があり、この度会長に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。
 本会の活動は、公衆衛生、医療、福祉、学校健康教育、研究・教育、地域活動、勤労者支援の多分野の職域において、専門性を生かしながら、すべてのライフステージ、様々な健康状態の人々に栄養の専門職として寄り添い、栄養・食生活を通して県民の栄養改善、健康の保持増進、生活習慣病の発症予防・重症化予防等に取り組んでおります。
 わが国は超高齢社会、人口減少という、これまでに経験したことのない危機に対処することが求められています。このような状況の中、厚生労働省においては2025年を目指し、地域包括ケアシステムの構築を推進しています。高齢化率の高い新潟県において、公益社団法人新潟県栄養士会は多職種と連携・協働し、地域包括ケアシステムの実現に向けて地域の実態、栄養ケアに対する県民のニーズに沿ったサービスが提供できるように引き続き取り組んでいきたいと考えます。
 最後に、2018年に制定されました本会専門職倫理の誓の前文に掲げられた一節、「管理栄養士及び栄養士は、食をとおして、ひとびとと社会の、現在と未来に責任をもつ見地に立って、みずからの役割の重さを深く自覚しなければならない」を胸に、会員の皆様と共に今後の活動を飛躍させていきましょう。
 また今後とも各関係機関、各団体等の皆様方の一層のご支援・ご指導をお願い申し上げます。

2020年6月
公益社団法人新潟県栄養士会 会長 折居千惠子